2010年09月10日

生活習慣病の怖さ

 生活習慣病の怖さと言えば「自分で気付かない」という点だろう。いつの間にか自身の身体を蝕んでゆく、ちょっとした病気。いやこの場合、病気とも言えないようなちょっとした変化、だがそれを見逃すと大変なことになる。

 何しろ生活習慣が主な要因だから、病気に気付いても「たいした事ない」と勝手に判断し、放置している。そして何時しか発病、それも生活習慣を変えないと原因を取り除く事にならないからいつまで経っても病気は病気。

 そしてそのまま早めの人生終了をむかえる…

すると、自分の思いは無駄な努力のようで、中年女性は何のためらいもなく話しだした。

The water haul of my desire, and then, a middle-aged woman was hesitated and either began to speak.

「すいません、このあたりに古谷という信用調査業の事務所が有るはずなのですが」

"I'm sorry there must be an office of the credit inquiry industry named Furutani around here. "

想像していたよりは若々しく聞こえ、帽子をかぶって変装している理由も推測できた。探偵事務所に来るぐらいだから、たぶん旦那の浮気調査かそんなところだろう。

The reason that was heard more youthful than it imagined it, stuck one's cap on one's head, and disguised was surmisable. It is a fickleness investigation of the master or might be such a place because it comes to the detective bureau.
posted by 助平なお at 08:44| Comment(0) | 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。